かわいい子たちのテレビや舞台、お仕事の感想を中心に。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

TOKIO LIVE TOUR 1718/0921日本武道館
 武道館初日、思い出すままに。発言および発言者は正確でないです。
 結構長くなってしまったので、興味ある方は続きへ。
続きを読む >>
Twitter
 というわけで、ブログデザイン変えて、Twitterへのリンクを貼っつけました。たかがそれだけのことに格闘すること二時間…。
 やっぱ作業って日常的にやらないとどんどん感覚も鈍ってくるんですね…。

 ちょっと前からこそっとやってたので、置いておきます。携帯の方はプロフィールから行けます。
 こそっとやってた理由は…まあ、ここ数ヶ月、気忙しくてブログ弄る暇もなかったんで単に放置だったりもしたんですが。
 いま久々の(気分的には)休日なので、ちょっと色々やってみる気になったんですけど…。

 といって萌えを呟くこともあまり、ないと思います。自己都合のためのアカウントなので。

 そんな感じで。
 おかしなとこあったら明日以降直します…寝る…。
いーなぁ
昨日の札幌公演、太一バースデー祝い…レポ探して読んでは「いーなぁ」って指くわえてる。

金沢もチケットなかったし、武道館までもう行けません。
しょうがないんす、仕事休めない環境なので、今…。
ほんと盛岡、行ってよかった…前沢牛は食べられなかったけど、ぴょんぴょん舎の冷麺は食べた。盛楼閣は前回食べた。

私、地方で太一と長瀬のランチタイムに遭遇するのが、小さい…しかしほぼ叶わないだろう夢です。

今日はHEY!×3!
お誕生日おめでとうございます
 38歳!

 郡山公演に行けないかなーと思ったけど、さすがにチケットなかった…。
 他に行けそうなのないか探してみる…。観たいよー。

 実はTwitterやってて、絵を上げてみたんですけど、全然TOKIOファンの人とか繋がってないので…。
 せっかくなんで、こっちにも上げとく。
 私の好きな角度と表情を描いてみました。



 Twitterは基本身内…というか、身内も直接会ったときに伝えたくらいな人とかしか繋がってないやつです。
思いつくままに
 盛岡の話、たくさんの方が読んで下さったみたいで、ありがとうございます。
 大したこと書いてなくてすみません…。
 ほんとは全ステしたいんだけど、仕事はあるし金はないし、引越控えてるし…だからまあしょうがないんだけど。

 23日のオーラスは行く予定ですが、ライブビューイングも気になる…!
 映画館でTOKIOライブ観るってやつ、いいなー、やってみたい。でも武道館にいたい…当たり前だが現地にいる方がいいだろ…でもスクリーンでライブとかいいな…。ぐるぐる。数日間興行みたいにしてくれたら、自分が観たライブを劇場でも見られるのにな。
 しかしなんでこれ、思いついたんだろう。

 なんか巷間いろいろ云われているみたいですが…売れてないとか売れてないとか、売れてないとかそういう?
 私、腹を立てるのはともかく、そういうのをファンが自虐ネタにするのもやなんですよね。
 そりゃー私だって、「もっと売れてもいいのに。こんなにいい曲なのに」って思うよ。
 番組がそんなに数字取ってるなら、CDだってもっと売れてもいいじゃんさあ、とか。
 ジャニは嫌いだがTOKIOは好きだよ、なんつってる人は大抵CD買ったりはしない人たちなんだよなあ…という分析をしてみたりもするよ。

 でも、自虐ネタはやだ。本人たちはともかく、ファンはやっちゃだめ。って思う。
 いや、やってるファンを目撃した、とかでもないんだけど。
 …そう思いませんか? という話題なんですけど。
 まあ、あんまTOKIO友達とかいないんですけど…。

 不景気だからか、景気は関係ないのか知りませんが、とにかく世の中が下世話に堕しているな、と思うことが多い。
 Mステだって、何かといえば「売上ランキング」ってやるじゃん。
 あれ下品極まりない発想だと私とか思うんですよね。
 音楽も違えばプロモーションも違う、活動時期だって発売曲数だってまるで違う人たちを、ただトータル売上枚数だけでランク付けするって、なんなら暴力ですよ、もう。
 売上があたかも優劣であるかのごとく視聴者に錯覚させて、何かいいことがあるでしょうか。

 あと、ただの一般人が、視聴率むちゃくちゃ気にする世の中になっちゃったよね。
 低いせいで打ち切りとか云われると、実際気にもなるけど、ほんとはそこまで関係ないはずのことなのに。
 でもニュースのトップに来る…。

 社内で、同じ商品を扱う営業に属している数名の達成率を比べることで歩合に差をつける、みたいなこととは根本的に違うのに、そういうもんだと錯覚している人が結構いるんじゃないのか? と感じたりする。

 AKBも嵐も買わないけど、TOKIOは必ず買うってファンがここに一人確実に、いるんだよ! と云いたい。
 でも嵐は好きだし、AKBだって敵視なんてしてないよ、当たり前だけど。

 即日完売でなくても、東京ドームじゃなくても、武道館も地方公演もしてくれる。
 ファンが、自分の観たい公演チケットを手に入れやすい。そして行ったら楽しませてくれる。
 それをバカにする人たちがいるとしたら、そいつらがバカなんだと思ってたらいいんだよ…。

 あと、TOKIOの本業はバンドなんだから、音楽やライブ活動を何よりも最優先させるべき、とか私はあんまり思ってないです。
 もちろん音楽に力入れてくれたらきっと私は嬉しいと思う。毎年ツアーやって欲しいし。そう思うファンの気持ちはわかるつもり。
 でもTOKIOの本業はTOKIOだと思うので。
 そしてTOKIOを今のTOKIOにしたのは、音楽活動だけではないから。間違いなく。

 もともと本業がどうだこうだ、という考え方を私は持ってない。
 あえて云うなら「芸能人」? 「アイドル」? …アイドルには見えないとしても。
 だからバラエティもドラマも、MCも、ギャラが発生する以上お仕事はすべて等しくお仕事だと思うし、そういうスタンスの人が好きです。

 ちょっともやもやすることがあったから、気が強くなっちゃったかな。
 でも考え方の基本はずっと同じ。だと思う。
盛岡公演終了(ネタバレなし)
 ホテルで携帯から更新してます。

 盛岡でTOKIO観るの初めてじゃなかったけど、会場が前と違って駅から遠かった。
 すっごい楽しかったー音あんま良くなかったけど…。

 太一さん髪型どうした? って感じだったが、かわいかっこよかった! いつもの動き。懐かしい曲もやってくれて!

 ギリギリに届いたアルバムを新幹線で聴きながら、その足で会場入りしたような次第でしたが、長瀬曲が私はいつもいつも本当に好き。TOKIOは長瀬曲や太一曲あたりは、どんどんシングルにして欲しい。
archiveも超いいけど、Sometimesは泣くほどいいなあ。太一の場合はやっぱり音が中心になるのかもだけど、長瀬は詞もすごい好き。
 久々にライヴがニューアルバム中心の構成で(当たり前なんだけど)なんか新鮮でした。

 長瀬と太一は昼ごはん焼肉と冷麺だったらしい。ぴょんぴょん舎がいっぱいだったからね、みたいなこと云ってた気がするから別の店かな?

 オリンピックのロンドンに櫻井もいてね、って太一が云ったら「ALFEEの?」てぶっこいた長瀬とか、みすず(長瀬母)のメール天然話とか、ぐっさまが茂・松岡・太一とそれぞれ初めて対面したときの思い出話とか、毎度盛りだくさんなMCでした。

「長瀬とリーダー二人だけで会話してみて」と振った松岡に長瀬、
「罰ゲームですよ」
 って返してた…。云わないで!

 そういや、ぐっさまが茂との出会いを語ってたら松岡が「なんか親のなれそめ聞いてるみたい」っつって照れたり、発言を松岡に軽くあしらわれて落ち込む長瀬を太一が慰め? てたらぐっさまが横から「チューしろ、チューしろ」ってけしかけたり(だってチューの流れでしょ今の、と宣った)、ばかじゃないの?

 いや全然いいんだけどね…。

 ファンクラブ枠で申し込んだのはオーラスのみだったので、直前にやっぱり行く! と決めて盛岡までやって来て、ほんとによかったです。これでセトリネタバレも怖くないし。

 ただ、もう贅沢出来ないぜ、節約せないかん。
盛岡行ってきます
 やっと「17」が届いたよー。アマゾンさんへの予約がちょっと遅れたためにいわゆるなんというかこれをコノザマというのか…。
 昨日も仕事だったので、妹が受け取っといてくれて、昨夜遅くにそれを受け取っていま初めて聴けているんですが、今日はこれから盛岡に行ってくる…。

 とにかく夏もずっと忙しくて、ストレスに耐えかねて、ええいTOKIOコン行ってやる! って気になったまではよかったけど、ほんとは初日の仙台に行きたかったんだけど仕事だったから諦めて、でも盛岡のチケットを例によってギリギリで手に入れたので、ちょっと新幹線乗って、行ってくる。
 ちょうど、ちょうど数ヶ月続いてた流れにようやくひと段落つけたところなので、ストレス発散するには最適のタイミングだと思うんだ。
 まだ実感わかなくて、終わったー! って気分にもなれていないけど。実際終わってないし。
 とにかく、楽しんできたいと思います。

 出発までそれほど時間もないので(こんなんばっかり)、このへんで。
 詳しい感想は書けないと思いますが……。では行ってきます!
お誕生日おめでとうございます!
 五十嵐隼士さん、26歳のお誕生日おめでとうございます。
 もう26歳ですって…はやいね…はやいな…。

 オールナイトニッポン0、聴きながら。

 10月からのドラマも楽しみだけど、そのあとの新しいお仕事のお話が聞けるのも、楽しみにしてます!

 ただ、9月のIGさんファンクラブイベ…。
 こちらは参加出来なさそうなのです。残念ですが…。

 明日から私は夏休みで、ちょっとの間実家に帰ってまいります。
 もう二時間もすれば出かけるので、ちょっとあせってます。

 ではでは、また!
ファン
 ファンて不思議な存在だなあと最近つくづく思うのです。

 相手がアイドルだろうと俳優だろうとスポーツ選手だろうと。
 プロだろうとアマチュアだろうと。

 応援して、売れたら嬉しいし、売れてなかったら「もっと売れてもいいのになあ」と思ったりするし、勝ったら嬉しいし、負けたら、ああ負けた悔しいな、ここは勝っておきたかった、みたいなこと思ったりするし、その点については私は至って普通のファンだと自分では思っているんだけど。

 さらに進んで、自分のことのように心配する、身内のように見守り、寄り添った気持ちを持つ、友達感覚で話しかける、みたいな感覚に触れるといつも、そういう感覚を私はとんと、持ちあわせていないという事実に直面するのであった。

 だから、自分はたいそう薄情に見えるだろうなあ、と思ったりすることもある。

 でも、仕事するのも頑張るのも、勝つのも、負けるのも、私ではなくて、ご本人でしかありえない。
 もっと云えば、その人自身の「生」を生きているのは、その人以外にありえない。
 その厳然たる事実を尊重すれば、いくら「ファン」という大義名分があったところで、親でも上司でも友達でもない私が、正しく分をわきまえたならば、出来ることなどほんのわずかしかないはずだ、と思ったのです。
 そのわずかなこととはなんだろう、と考えたら、結局「私」という一個人として、好きでいる、応援する気持ちを持ち続ける、(…あと、まあ、なるべくお金を使うとか)以外に、やるべきことなんてないなー、としかやっぱり、思わないんですね。
 でも、わずかでも、それが大きなすべてだと思うんです。

 私は、私の人生を生きてるんだから、どれほどファンだとしても、一方的に対象への距離感を詰められるはずもない。
 私は私の生活をよりよく生きることを最優先する。
 それこそが私なりの応援の仕方だし、敬意の持ち方でもある、と考えてる。

 例えば優一のこと、優一さんのファンの方からすれば前回の私の文章すごいひどい人に見えるかも知れないなあ、と思ったんだけど。けっきょく、お前、隼士ファンじゃん、と云われれば返す言葉もない。

 でも、誰より辛かったのはご本人たちのはずだし、優一を、いつまでだって待っていたかったに決まってる。
 そして、優一自身も。
 誰も、裏切ってはないと思うし、傷つけたくもなかったと思う。

 でも、誰かを傷つけてしまうことも覚悟の上での決断も行動も、存在すると思う。
 それが生きていくっていうことだから。

 そういうことを書きたかった。
 これは優一さんのことに限らず、私の好きなものたち全般に対し、私がいつも思っていることなんですが。

 もちろん、本当は何が起こっているのか、わからないです、私には。
 だから、ファンには知らされないことを、ちゃんと「知らないからわからないこと」として受け止めること。
 そこであれこれ先走った想像を働かせ過ぎないこと、想像の中で勝手に一喜一憂したりしないよう努めること。
 これも、私にとっては間違いなく相手を尊重することであり、敬意の表明のつもりなのです。

 もちろん、たまには文句も云うけどねー。ダメ出しとか、ついしちゃうこともありますよね。
 お金払ってるしね! と思ったりもする。
 でも、ネット上でなんか発言するときは、自分が(相手と違って)いつでも無責任な立場に逃げられる人だってこと、忘れちゃいけないと思う。
新生D☆DATE
 ご無沙汰しております。とうとうトップに広告が出てたよ…。

 ゆっくり文章を書く時間が最近ほんとにないのですが、とりあえず今日TDCホールに行ってきましたので、そのことを書いておこうと思います。
 あまり推敲出来ないので、文章が乱れていたらごめんなさい。のちのち読み返して気になったら直します。

 優一復帰を期待されていた方がどれくらいいたのかわからないですが、私はそれはないだろうと思っていました。
 復帰の目が少しでもあるなら、わざわざ脱退を発表する必要はなかったと思うから、あの時点で、優一がいるDATEは終わったんだな、と私は受け止めていました。
 その意味で、あんな「重大発表」とわざわざ煽る発表が優一の復帰ということはまずないだろう、と、私自身は思っていました。
(優一に復帰して欲しくない、という意味ではないです、念のため)

 もともと、何か発表します! という予告があった時に、あれやこれや内容を予想するのが嫌いな性質です。
 だって、何か具体的な期待して「ああ、違った」ってガッカリするのって、それも失礼なことなんじゃないのかな。
 まあ、重大発表を「予告」したのはあっちだしな、という気持ちもちょっとはありますが(笑)。

 そういうわけで、私は大が加入するなんて、まったく、これっぽっちも、予想も想像もしていなかったのですが、新メンバー加入します! という発表とともに大が登場して、五人の「JOKER」が始まったときに、少なくともすごい興奮したのは事実です。ぴょんぴょん跳ねた。
 楽しかった。ものすごく。

 渋谷では出した優一の名前を、今日は出さなかったのも、もう自分たちで前に進んでいかなきゃいけないんだ、という決意表明なのかも知れないし、優一のことは既にきちんとけじめがつけられているんだから、複雑な気持ちの人もきっといると思うけど、そのことと大の加入とは、まったく別のこととして考えてもらえたらいいな、と私は思ってる。

 私自身は、大を特別すごい好きってわけではないのですが、これからメンバーとしてよろしくね、という気持ちでいます。

 今回のツアーも楽しかった。
 今日なんか一人でギリギリに会場入って、一人で観て、終わってソッコー電車乗って帰ってきた…。
 なんて寂しい人なんだ。
 とりあえず、今はこれが精一杯な感じでして…。今日の公演のチケットもギリギリで取ったんだ…行けてよかった。
 さ、仕事仕事。

 でもペンラも振ったしタオルも振ったし、踊ったし手も振ったぜ。
 ホールはいいですなー…MCを座って聴ける…。