かわいい子たちのテレビや舞台、お仕事の感想を中心に。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「17」 | main | お誕生日おめでとうございます >>
ピカルSPとTOKIOカケル
 少し前になりますが祖母を亡くし、実家に帰って葬儀に出たりしていました。引越準備のさなかで、ばたばたとしたのもありますが、ちょっと体力がもう、ないので、あれ以降ずっとぐったりしていました。
 でも、ちゃんとお別れ出来ました。すばらしいお天気の日曜日でした。

 …この話題のあとに出すのどうかと思うけど(ばあちゃんごめん)、…ビバルイのコントは一回くらい見たことがあったので、あれに出るのヤダなー、と最初思ってたんだけど、見たらまあ(笑)、だいぶ笑ったので、よかったです。
 直前まで長瀬が一人で出るって云われてた気がするけど、けっきょく長瀬と太一で出たあたり、どういう流れでああなったのか、お聞きしたかった。
 とりあえず、長瀬と太一のお芝居見られたのが嬉しかったよ。
 笑ったのは長瀬の芝居のガチぶりと、太一の頑張り的なところ。
 長瀬がガチホモに見えたってことじゃなく(見えなくもなかったが)、芝居がガチだったのが笑えたということね。
 太一もガッツリ芝居してたんだけど、長瀬に比べると心が残ってる感じ笑。だがそれがいい。あれ太一もガチだったら、見てられなかったかも知れない。太一のおかげで笑えたところもあった。
 ただ、コント初めてじゃないはずだけど…、本職の芸人とガッツリ絡むのは初めてか。

 なんかどうやら、ベノムってすごく前から伏線的に引っぱってきたキャラというか名前だったみたいですね。ずっと存在がにおわされていた…?
 それをあの人が…ゲストの国分太一が「そうです。私がベノムです」みたいな登場で。
 正直登場も倒れ方も直前の長瀬バモラとまるっき同じだし(倒れ方かわいかったけど)、とにかく、なんというか、コントとして雑だったよね。前回までを見たことないから流れがわかってないのかも知れませんが。
 伏線回収のメインがベノムなら、バモラのあとの登場の演出もっと凝るべきなんじゃないのかな。

 あれが狙った雑さなら伝わると思うんだけど、あの雑さは意図がわからなかったから、ほんとにあの程度に雑に処理したんじゃないか、と思わされた。
 そして「城島兄さんのところへ帰ろう」「あそこにだけは帰りたくない」のところはかわいかったし、いちばん笑ったけど、あれビバルイまったく関係ない笑いだし。

 結局あのコントがやっぱり私は好きじゃないなあ…と思た。
 ホモネタ自体は好きな方だと思うし、吉村も綾部も嫌いじゃないけど、あれは初めて見たとき既にやだったからなあ。
 腐女子だとあれは好きなもんなん? そういうことでもないと思うんやけど。腐女子なら好きなはず、ってひとくくりにすんのも乱暴な気がするわー。目的は「笑い」でしょうし。
 好き嫌いは、個人の好みの問題ですよ。
 あ、でも今まで見てなかったから、中村俊介が過去映像で出てきたの見て、あれはちょっと、見たかった…。
 実は中村俊介好きなん…。

 まーでもビバルイ好きの人が、ほんとにTOKIO叩いてたなら、それは筋違いだとは思う…。
 まあ叩かれる著名人(無名の人もいるか)って、大体が筋違いに叩かれてるもんだから、そういうことだと思うけど。

 そんでそのあとに始まったTOKIカケですけど。
 企画聞いたら面白そうだったのに、見た感触がそこまでじゃなかったのは、カジノ形式にしちゃったところかしら。見てる側にはルーレットがガチであることの面白みがそんなにないし、菅野美穂はさすがに上手いけど、それが面白かったか、と云われると…。玉木宏の捨身のような話はおかしかったけど。
 でもオープニングと、セットと、座ったメンバーの感じはかわいかった。
 あでも、五人は一画面におさまってほしいような気もするよ。

 長瀬の話の見抜かれ方もかわいかった。あーメンバーっていいなーと思ったのよね…。

 これから正しく練り込まれてゆくといいねー、くらいの気持ちでいよう。
 ほんといって最近のバラエティ番組に、とくに期待するつもりはない…。

 ただ来週は斗真と桐谷! あのメンツが揃うってだけで既に楽しい。
スポンサーサイト