かわいい子たちのテレビや舞台、お仕事の感想を中心に。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Twitter | main | TOKIO LIVE TOUR 1718/0922日本武道館 >>
TOKIO LIVE TOUR 1718/0921日本武道館
 武道館初日、思い出すままに。発言および発言者は正確でないです。
 結構長くなってしまったので、興味ある方は続きへ。
■最初の挨拶で長瀬「みんな今日なんの日か、わかってるよな?」に続けて。
長瀬「そう、18年前、我々TOKIOの生まれた日であります」

■NaNaNaの途中で長瀬の顔を至近距離で覗き込みに来る太一。
 長瀬、一瞬、歌中断して「なんすか?」。

■その後MCで上記の話してました。
 地方でオタ芸とか仕込んでた曲だったので、最初から太一がなんかやる、と思ってたメンバー。
長瀬「俺が一番のあいだ太一くんの顔ずっと見てたの、気づいてました?」
太一「気づいてたよ。でも俺は松岡の顔見てたの。『行ってもいいかな?』って思って松岡見たら、松岡が『今は行くな』って云ってる気がして」
松岡「嘘、俺『太一くん今日は行かねえのかな』って思って見てたんだよ」
太一「うん、でも、一番のときは行くのやめたんだけど、『ここで行かなきゃ俺じゃない』って思ったから、二番では行っちゃいました!」
山口「おかげでコーラス間に合ってねえし」
 太一はコーラスを取るかネタを取るかで迷ったが、結局ネタを選んだ。
松岡「音楽的にはダメだけど、TOKIO的にはオッケーだ」

■なんかかたまってわちゃわちゃし始めたメンバーに松岡が。
松岡「あんたらさあ、広いステージもっと有効に使おうよ」
長瀬「広い部屋より、狭い部屋にいる方が落ち着くよね」
太一「わかる。やっぱり公団住宅出身としてはね」

■で。
太一「うちの母ちゃん、団地妻クニコ」
松岡「母親のこと団地妻とか云うのやめなさい!」
 ぐっさまが太一に耳打ち。
太一「山口くんが『貸して。貸して』って云う」
松岡「ひとの母親に貸してとか云うの、やめなさい!」
 茂が長瀬に寄ってってなんかごにょごにょ。
長瀬「…何? ワシはみすず(長瀬母)がいい?」
松岡「ばかやろう! クニコもミエコもみすずもムツコもいらねえんだよ!」
太一「全員のお母さんの名前ちゃんと云えるんだね(笑)」
松岡「…でもさあ、俺、兄ィの母ちゃんはやだな。…だって、兄ィなんだもん(笑)」
太一「山口くんのお母さん、ドラミちゃんみたいだよね(笑)」
山口「云っとくけどなあ、お前らんとこも大概、同じ顔だぞ」
太一「みんな似てるけど、リーダーもむっちゃんとそっくりだよね」
松岡「ライブで髪長くしてると、どっちかもうわかんねえ」
茂「そうなんよ、僕も時々わからんようなる」
太一「自分でわかんなくなるの? …病院行った方がいいよ(笑)」

■嵐は国立。
太一「嵐は何やってんだろうね。少なくとも団地妻の話はしてないよね」
茂「僕らが団地なら、嵐はタワーマンションやね」
太一「ジャニーズがタワーマンション住んでたら、嵐は高層階だけど、うちら一階だろうね」
太一「リーダーは一階で店とか開いてそう!」


■武道館も53回目。明後日のツアー最終日で55回目。
山口「(客席に向かって)55回来てるって人いる?」
 反応なし。
山口「…さすがにいないか」
松岡「その前に兄ィ、今日はまだ53回目だから、55回来れる人存在しないから」
山口「あっ…」
松岡「…日テレさんもすごいよね、よくこの男を生放送に使いますよ」
 テヘペロ的な。ふざけるぐっさま。
 ちなみに会場は桝アナ来てたもよう。全然見えなかったけど。

■その53回の最初の方の思い出。
松岡「最初にやったライブ憶えてますか。何故か司会がいたんだよね。ライブなのに。内海光司先輩が司会してくれて」
長瀬「ローラー(なんだっけ。スケートではなかった。ボード?)で出てきたやつ?」
太一「四時間くらいやったやつ」
松岡「そう。木村くんが…木村拓哉くんが来てくれて、ギターで弾き語りとかしてくれて。バイクで走ったり。やりたいこと詰め込み過ぎて、四時間やった挙句、アンコールやれなかった(笑)」
太一「僕らも最初はジャニーズらしいことやってたんだね。それが今や…」
茂「僕らこのステージを飛んだこともあったねえ」
 長瀬がワイヤーついてないのに客席に飛んじゃった思い出。
太一「でも、長瀬あの時、飛んでる顔してたよね」
 長瀬の飛んでる顔再現。
長瀬「あれほんと危なかったっすよ」
太一「松岡なんかさあ、アンコールで飛んで出てきたよね」
松岡「みんな飛んでるけど、ジャニーさんが俺も飛べって。だから『俺ドラムだから無理だよ』って云ったの。そしたら『YOUアンコールで飛んじゃいなよ』って。アンコールで吊られて出てきて、ドラムんとこ降りた」
茂「逆UFOキャッチャーみたいなね。ウイーンって感じに」
 降りるときシンバルとかガチャガチャ鳴らしてた、と(笑)。


■松岡くんありがとう。
太一「A型の松岡くん、突っ込んでくれてありがとう」
松岡「しょうがねえよ、お前ら全員O型で、好き勝手やってくれるから18年間」

■城島SONG。
 武道館のみアンコに城島SONG来ました。デビュー日当日に初めて歌われる城島SONG。
 とても興奮しました(小学生の作文調)。
 最後に「6番」があったと思う。18年の感謝を込めて「言わせておくれありがとう」っていう歌詞。

■らぶゆーおんり
 そしてらぶゆ。各地の会場で「盗撮」(By長瀬)したファンの映像とともに。
 めちゃくちゃ感動した。岩手は私がいた辺りもカメラ向いたけど、全然映らなかった。

■Wアンコール
 メンバー登場と同時に運ばれてくる大きいケーキ。
 1718のロゴと、「TOKIO Happy Birthday」の文字。
 曲が流れ、自然にハッピーバースデーを合唱する会場。
 ロウソクを吹き消すメンバー。
松岡「いいねこういうのは。『ロックよ静かに流れよ』の最後みたい」

 いろいろ不正確ではありますが、今思い出したことを綴ってみました。
 ちなみに21日当日にライブをやるのは、なかなかなかったことらしい。10周年も、23日くらいだったと云ってた。

 仕事が不定休で、当初は、この日休めるか全然わからなかったので、実はチケット買ってなかった。
 でも、奇跡的にちょうど21〜23日が仕事に挟まれた連休になったので、慌ててチケット買いに走ったら、買えました!
 天井に近い席だったけど、よかった…ほんとに、行けてよかったです。
 TOKIO好きでよかったあ、と思った。

 今回、岩手以外の地方は全然行けなかったので悔しかったけど、ラストまで武道館で燃焼しつくそうと思います。
スポンサーサイト