かわいい子たちのテレビや舞台、お仕事の感想を中心に。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< カーネーション | main | 5LDK >>
もういっちょカーネーション
 見逃した分があったので、土曜日にBSで一週間分見た。

 夏木マリにブーイングとかいう話題も見たし、twitterで呟かれた不満をいろいろ見た。

 夏木マリのせいじゃない、脚本自体が別もののように面白くなくなった、失速した、という意見なんかもある一方で、違和感なし、とか、まったく問題なし、やっぱり面白い、とかいう感想も一定数あることもわかりました。

 まとめて見た感想は、私は脚本が失速したとは思わない(しかも見やすかった)し、先日も書いたように夏木マリさすがだな、と思うし、視聴率とか視聴者のご意見とかがどう出ようと、役者交代はこのドラマの必然だったように思いました(どうも最初から決まってたようだったし)。

 方言に関しては、私の思うところは、一つ。
「重要なのはそこじゃない」

 演技力がどうこう以前に、単にその年代にしか演じられない「役割」というものがあると、前から思ってる。
 特にテレビのドラマなんかは。
 尾野なら晩年まで演じられた、と思っている人もたくさんいるみたいだけど、年配のお客さん相手や孫の相手してる糸子見てると、やっぱり以前のままでは画面がおかしな具合になっただろうな、と思ったし。

 来週の予告には、ちょっとわくわくしました。

 今までドラマが積み上げてきた「糸子」と、晩年はテレビにも多く出演して、世間に知られていた小篠綾子のイメージ、その両方をうまくよりあわせて、繋いでいってるんじゃないかなー、と、私は思うんだけど。
スポンサーサイト