かわいい子たちのテレビや舞台、お仕事の感想を中心に。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 有明には行けなかった | main | 27時間テレビ >>
花ざかりの君たちへ
 三話見ました。

 二話よりは楽しめたかーな。…慣れたのかな。

 徳山くんはキャリアも圧倒的なだけに、さすがによい仕事をなさる…。
 しかもあの中では、いちばん一般的に美しいと思うんだよ! オスカーが!

 ただ展開あせり過ぎかなー、気持ちが追いつかない。
 中津が瑞稀に惹かれた過程も正直、弱いよ。瑞稀の魅力的なキラキラショットが少な過ぎでしょ。それなのに、いつの間にか中津メロメロやし。
 私まだ、中津が男と思ってても恋しちゃうほど、かわいい瑞稀を見せてもらってない。

 でも今週も遠藤要はかわいかった…(そこか!)。
 いつまで高校生役が来るのかな(笑)。

 で、見たくなって前回…2007年版のテレビ番宣とかちょっと見たけど、あの時も男子は旬くん以外はわりと無名だったし、始まった頃はまだみんなおとなしくて、地味だったな。
 斗真はキャリアだけは長かったから、最初からやや、前に出るときのあのうざい感じが(笑)あったんですけど(笑)。
 隼士はほんとに空気だった(笑)。

 だからつまり、前回に比べてキャストがしょぼい、とか云うのは私はそれは違うんじゃないの、と思うんですよね。
 みな、イケパラ後に本格的に忙しくなった人たちですしね。

 改めて三話の感想。

 騎馬戦は、無理だろ…!
 もう、いろいろ無理でしょ…。体型にしろ腕力にしろ、男女差をなめてはいけない。
 まあ、いいけど…。

 あ、主題歌の、AKBのフライングゲットって曲は好きです。
スポンサーサイト