かわいい子たちのテレビや舞台、お仕事の感想を中心に。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< スタジオパークで「ゲゲゲの女房」 | main | 怪物くん >>
シーサイド・モーテル
 観に行ったよ。
 これから観る予定の人は続きを読まない方がいいです。
 面白…く、なるはずだった…! というのがいちばんの感想。
 ちょっと残念。

 映像と、シチュエーションと、出演陣の濃いお芝居を楽しむ映画。だと思いました。
 その意味では満足するし、さすがに楽しい。

 この映画、感想書くの難しいなあ。
 登場人物はみんな魅力的なんです。魅力的なんだけど、それぞれの末路に微妙にシンクロ出来ない。
 映画全体が、目指したものになりきれていないのでは…という印象。
 愉快痛快な話ではないし、青春の痛み…にしても、なんか中途半端な気もするし。
 まあ裏のかき合い、騙し合いなんだけど、それぞれの騙し合い、絡み合いのピースがきれいにハマりきっていないのに、雰囲気で「アリ」にしちゃった気がしました。

 びっくりするほど、なにもない話ではあった。多分、いい意味で。

 結局、キャンディの心がどこでどういうふうに動いたのかが、最後までよくわかんなかったせいで、亀田とキャンディの駆け引きの一部始終が、ん、ん? てなって終わってしまった。
 行動を見せられてから「あ、そうだったの?」ってなってばかりだったから。それが狙いだったのかも知れないけど…。
 そこがいちばん残念だった。
 麻生久美子は何も悪くない。

 ベッドシーンは「ああこれが噂の…」とやはり思ってしまった。
 注目するよね。かわいかった(笑)。

 斗真さんはいちばん普通の子。まあ、ああいう物語では、得てして主人公は普通になりがちなんだ。
 普通の子にしちゃ、かっこよいけどね…。
 思った通り、孝之と成海璃子のカップルがかわいかった。成海璃子って、不思議な女優さんだなあ。
 あ、柄本時生がかわいかった。
 でもさあ、あとから考えたらあの部屋はいちばん、何がしたかったのかよくわかんなかったなー。
 孝之はさあ…。……。
 とりあえず、玉ちゃんトイレ流してないよね。

 上映前に「ハナミズキ」の予告編を見た。
「うわーこれ私、観るのかあ…」とはやくも挫折しそうな内容の予告編だったが、途中で向井理の名前と顔が映った瞬間、吹いた。
 出てるの、知らんかった!
 やっぱ働き過ぎじゃね…?
スポンサーサイト