かわいい子たちのテレビや舞台、お仕事の感想を中心に。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 悼 | main | 7 HEROES >>
人間失格
 公開数日、ようやく観てきました。

 それにしても安藤の点数はもう少し高くてもよかったのではとつい、思ってしまう…(いきなりフィギュアの話)。男子の採点は納得いったのになあ、女子はちょっと。
 テレビのキャスターやコメンテーターが猫なで声で真央ちゃん真央ちゃん云ってるのを聞くと、やだなあ、と思ってしまいます。
 真央ちゃんと安藤選手と鈴木選手…っていう公平でない態度がやなんです。そこでは浅田選手と呼ぶべきではないのか。トリノの前は猫なで声でミキティミキティ云うてたんじゃないのか。
 私、そういうことにムキになりやすい。

 さて、人間失格です。
 予想してたより、ずっと面白かった。ちらちら人の感想など目にして、目まぐるしいのかなと思っていたけど、私の感覚ではそんなこともなく。
 映画らしい映画。日本映画。
 大楠道代がきれい。あの顔が好き。
 石原さとみはもともと好きな女優さんではあるけど、最初に葉蔵を見る目つきが、もの凄かった。いつもと違う演技が見られて嬉しい。
 剛の中原中也、素晴らしく素敵だった。
 …泣ける。

 あ、井伏だ檀だ菊池だ、と、文豪が登場して楽しいのですけど、小林秀雄がね、呼ばれる前から「あ、小林秀雄だ」と思う顔してるんだよ。
 それがなお楽しかった。

 そして斗真。
 前半よりも、後半の中毒になってからがいいと思います。
 堕ちてゆくほど美しい。が、嘘でなかったことがありがたかった。
 葉蔵が笑うところはどの場面もよかった。

 ラストの列車の場面がもう私、すごく、好きだ。
 エンドロールも。
 私は、この映画好きでした。
 小説の「人間失格」に、思い入れがないから、余計によかったのかな。
スポンサーサイト