かわいい子たちのテレビや舞台、お仕事の感想を中心に。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 毎日 | main | ヘヴンズ・ドア >>
SHOCK2009
 行ってきました。
 帝劇。

 とても楽しかったです。支配人がカッちゃんになって、顔ぶれに大人が加わったことで、物語がもうちょっと整理されたというか。それがリカの父親になることで、より構図もわかりやすくなったというか。
 支配人の交代は元々は余儀なくされたことだけど、毎年加えられる改訂によって、ちゃんと良くなっていってるあたりは、なんかほんと、舞台って面白いなと思う。
 屋良は、昨年より、深く役になっている感じがしました。こう書くと偉そうですみません。

 コウイチのキャラが、どんどん人間らしくなっている。
 前半部で云っていることも、至極まっとうだなーと思う。台詞回しも穏やかになったからね。余計にそう思う。
 だからこれ以上、冒頭の彼がまっとうな人間らしいキャラになり過ぎると、「じゃあ、なんであそこで死ぬことになったんだ?」ということになってしまい、お話が成立しにくくなってしまうんじゃないかと危惧してしまいます。

 もう、ライバルは屋良で固定かな。
 というか、SHOCKはやっぱり、エンドレスなんだな…。
スポンサーサイト