かわいい子たちのテレビや舞台、お仕事の感想を中心に。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

GANTZ
 しばらく実家に滞在するため、TOKIOライブの続きはお休み。

 今日は「GANTZ」を観て来ました。
 ネタバレはないけど感じたことは書くので、ご注意下さい。

 二宮さんの演じる玄野、大好きです。
 そして、もう一人大好きな俳優さん、山田孝之氏も出てました。

 原作を読んでいないのも幸いしたのか、前回のも、今回のPERFECT ANSWERも楽しく観ることが出来たのですが、どっちかってと、前回のが面白く観られたかな、というのが率直な気持ち。
 前回は、GANTZの不条理さが気にならなかったから、作品世界を楽しめた。

 今回は、なんかちょっと先走りな感じがあった。
 まだこっちが受け入れてないのに、勝手にあっちは盛り上がってるなーという、軽い置いていかれ感。
 音楽もいまいち、タイミング合わなかった。
 一応きれいに(?)終わるんだけどね。説明はつくものの、腑に落ちないというか…。

 パンフレットの出演者インタビューを読むと、私が感じたような腑に落ちなさを、もしかしたら脚本を読んだとき出演者も感じたのかもね、と、ちらりと思ったりしました。

 ところで二宮さんを、かわいい、などと思ったことが、私はこの十数年でほぼ一度も、ない。

 十代の頃は、ちょっとやさぐれてて、なげやりな感じがかっこよかった。
 大人になってからは、まさしく大人の男であることがかっこよい人間だなあと思ってる次第です。
 大人になってから、かわいこぶるようになったけどね(笑)。
 …インタビュー読むと、いつも思考が、こちらの想像より先を行ってて、たまに感動させられます。
 映画の玄野は二宮さんがやってたから、好きになれました。それは間違いない。

 孝之はなんだかかわいそうな役だった。
 でも、やっぱこの人のお芝居が大好きだ。と思った。

 つまり今回は、演技に感心する隙があったってことなんだよなあ…。

 綾野剛くんはかわいかったです。
 いやー、楽しい見た目だなあ。好き。
 前に劇場の売店で遭遇したの。剛くん。
 帽子もなく、私服のときもあのままの雰囲気で、かっこよかったよ。

 地下鉄の場面は全部好きだった。

 …松ケン、というか加藤はね、…最後まで弱い子だった…。
 そうだ加藤の弱さがとにかく意外だったんだわ、前回…。

 頑張れよ、加藤…!
 みたいな気持ちになりました。