かわいい子たちのテレビや舞台、お仕事の感想を中心に。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「脳男」(ネタばれありまくりです)
 感想上げますが、公開直後のネタばれなので隠しつつ。ご注意下さい。
続きを読む >>
ミシマダブル
 斗真さんはいつか蜷川舞台に出るんだろうと思っていたけど、それが思っていたより急だったので驚いた。
 いや、急なわけではなかったのかも知れない。
 なんにせよ、蜷川氏の仕事量と回転ぶりをなめてました。

 というわけで、Bunkamuraシアターコクーンにて、ミシマダブル──「わが友ヒットラー」および「サド侯爵夫人」──を、観たときの話。
続きを読む >>
シーサイド・モーテル
 観に行ったよ。
 これから観る予定の人は続きを読まない方がいいです。
続きを読む >>
シーサイド・モーテル
 初日ですね。おめでとうございます。
 今日は残念ながら行けませんでしたが、来週のはやい段階でピカデリーにでも行けたらいいな、と思っております。

 こないだ、日本映画専門チャンネルの特番も見た。男四人(玉山、古田、山田、池田)でカラオケボックスみたいなとこでだらだら語ってたやつ。
 孝之が大好きな私としては、次はちゃんと芝居で絡んでほしいな、と思ってます。斗真と孝之。

 いいとも見たー。かっこよかったね。
 途中特別番組入ってどうしようと思ったけど、番組後半は影響なくてほっとした…。
 ことわざは、ダメだろうなーと思ったらダメで、…あれが斗真クオリティです(笑)。

 おまかせ録画にしてあると、意識してなかった番組をちょいちょい録画しといてくれるから、びっくりする。
 一覧見たらなんか斗真出てる番組があって「誰、誰?」って、ほんとにちょっと、ヤザワみたいになる。やだな…。

 なんにしても、映画については、観てからしか書きようがないので、観たらまた改めて、かな。
文庫で読んだ
 私は安藤のファンだけど(またフィギュア…)、今日は鈴木選手の演技に感動しました。本当によかった。
 浅田選手の悔し涙にも感動しました。メダルのためじゃなく、勝つために試合に臨んだんだよね、と改めて思って。
 でもキム・ヨナの演技は素人目にも文句のつけようがなかった。
 そして安藤選手は、丁寧で美しくてよかったけど、気迫というか迫力に欠けていたと思う。痩せたしなあ。点数はやっぱり、もうちょいついてもいいのになあ、と思ったけど、順位は、仕方ないか…。
 選手のみなさまお疲れさまでした。

 さて、映画を観たので、「人間失格」を改めて読んだのです。
 角川じゃなくて、昔買ってた新潮文庫で(笑)。いや角川の限定カバーはもちろん買ってあります。

 こんな短かったんだね。空いたちょっとの時間でするすると読み終わってしまった。しかも全然憶えてなくて自分にあきれた(笑)。読んだと思ってたの、夢? って思ったもん。でも時々憶えてる文章に出くわすから、やっぱ読んだんだよね…。

 やっぱり、すごくよく出来た小説でした。
 だから、面白かった。
 これを自伝的とか云うから、話がややこしくなる。と思った。
 まあ、しょうがないけど。

 筋立てはわりあい忠実、でも映画は原作とは別ものでした。そりゃそうだ。

 ただ斗真は、陽に見えて陰、陰を演じても陽、みたいなとこがあるから、性質は太宰作品に向いてる気はする…わからんけど。

 あと一回以上、観る予定です。

 あとは「シャーロック・ホームズ」が観てえなあ、と思ったところへ、ジュード・ロウと食わず嫌い対決だったので、楽しかった。
 いきなり勝ったね(笑)!
 太巻き、嫌いだったんだね。理由がおかしかったけど…ならカッパ巻きでよくね? って。
 衣装がかわいかったです。ちょっとよくわからんかったけど…蝶ネクタイ…?
人間失格
 公開数日、ようやく観てきました。

 それにしても安藤の点数はもう少し高くてもよかったのではとつい、思ってしまう…(いきなりフィギュアの話)。男子の採点は納得いったのになあ、女子はちょっと。
 テレビのキャスターやコメンテーターが猫なで声で真央ちゃん真央ちゃん云ってるのを聞くと、やだなあ、と思ってしまいます。
 真央ちゃんと安藤選手と鈴木選手…っていう公平でない態度がやなんです。そこでは浅田選手と呼ぶべきではないのか。トリノの前は猫なで声でミキティミキティ云うてたんじゃないのか。
 私、そういうことにムキになりやすい。

 さて、人間失格です。
 予想してたより、ずっと面白かった。ちらちら人の感想など目にして、目まぐるしいのかなと思っていたけど、私の感覚ではそんなこともなく。
 映画らしい映画。日本映画。
 大楠道代がきれい。あの顔が好き。
 石原さとみはもともと好きな女優さんではあるけど、最初に葉蔵を見る目つきが、もの凄かった。いつもと違う演技が見られて嬉しい。
 剛の中原中也、素晴らしく素敵だった。
 …泣ける。

 あ、井伏だ檀だ菊池だ、と、文豪が登場して楽しいのですけど、小林秀雄がね、呼ばれる前から「あ、小林秀雄だ」と思う顔してるんだよ。
 それがなお楽しかった。

 そして斗真。
 前半よりも、後半の中毒になってからがいいと思います。
 堕ちてゆくほど美しい。が、嘘でなかったことがありがたかった。
 葉蔵が笑うところはどの場面もよかった。

 ラストの列車の場面がもう私、すごく、好きだ。
 エンドロールも。
 私は、この映画好きでした。
 小説の「人間失格」に、思い入れがないから、余計によかったのかな。
もうすぐ人間失格
 斗真さん怒濤の宣伝活動は全然一段落なんてしていなくって、むしろ今週が本番だったわけで、私は昨年五月のてんやわんやのことをちょっと思い出した…。
 しかし昨年のルーキーズの頃と違って今はHDDの容量も増えた上、二番組同時録画だの、おまかせ録画だの、キーワード検索だの、すっごい楽にはなっているわけなので(主に録画してくれてるの妹だし)、なんとなく毎日、ああ今日はこれだったのね、という感じでここまで来ています。
 昨日なんか生放送二つあって夜もテレビ出ててね。
 さっきもジャニウェブ覗いたら出演番組がどどっと更新されててね。
 コンビニ行きゃ雑誌の表紙にばばんと斗真さんがいらっさるわけで。
 いやー、びっくりする。

 相変わらず口をひらけばお芝居お芝居ゆうてるわけですが、…あれ、スサノオ出るまで、この人、どういう人だったっけ…? と、最近たまに思ってしまうのだった。
 カゼヨミはかわいかった。
 紹介映像でヴェローナとか使われてた。懐かしいなあ。ヘンテコな話だったけど観たいな、ヴェローナ…。
 あと、あずみが観たい。
ミオパン・ゴチSP ・仰天SP
 それにしても斗真がいっぱいテレビに出てた。

 ミオパンは、心理テストで探る交友関係の話。
 親しい友人を白・青・黄の三色に分けます。
 旬くん、潤くん、山下という、かわりばえしないメンツ(笑)の名前が出ましたが、この人たちの話を、斗真にさせたいんだろかね。
 白のイメージ旬くんが「憧れ」、青の潤くんが「大好き」はまあいいとして(いいかな)、黄色の山下さんが「不可解」というのが笑った。不可解さで斗真さんが思い当たったエピソードがまた山下さんらしくて笑った。
 最後に、なんで山下さんが黄色? ときかれて、
「山下はカレーが好きだから」と答えてました。

 個人的にいちばん楽しみにしてたゴチは、拡大SPでした。ジャニーズ11人目の刺客、ですって。
「本物! 本物!」「顔が違う!」と、斗真を持ち上げる岡村氏。要は太一さんが散々な云われようです。しまいにゃ「お前はジョニーズやろ」とか云われた。
 太一の部屋に泊まりに行ったというのは、いつ頃の話なんだろ。ちょっと驚いた。
 というか斗真ちゃん、コメントの嘘っぽさが激しかったね!
 普段が吉牛だもんね…。そしてチーズハンバーグさえあればご機嫌なんでしょ。
 心理テストで太一をアリ(自分より小さい存在)に見立てちゃって慌てるとまさん。
 ゲームでは何故かおっぱい押しの壊れかけとまさん。
 とても楽しかった。
 何はともあれ、すんでのところでビリを免れてよかった。
 あ、でもまた江角ボス(笑)が負けてしまった…。頑張って!

 仰天もSP。ゲスト全員がアレルギー検査をしてもらいました。
 斗真さん一つもアレルギーなかった! 羨ましい!
 ブラマヨ小杉氏に「パーフェクトハンサムやないか」とか云われた。でも小杉さんもアレルギーなかった。
 しかしブラマヨめっちゃ面白い…。いつ見ても面白い。
 この仰天SPではルックスがとても良かったです。好コンディション。

 このあたりで斗真さん怒濤の番宣も一段落かな?

 今更ながら「人間失格」を斗真主演で観ることになるなんて…。

 そして本日は森田さんの舞台「血は立ったまま眠っている」を観てきます。
 一回しか観劇出来ないし、予め戯曲も読んでおこうと思ったのに忘れてた。

 …同時進行で読みかけてる本が五冊くらいあるなあ。枕元に散乱中。
人間失格
 新宿に映画を観に行ったので、角川シネマに寄って前売券を購入してまいりました。
 特典の一筆箋も頂きました。

 映画館では「大雷蔵祭」っていうのやってるらしくて、ちょっと興味をそそられた…。
 ポスターの雷蔵がきれいだった。

 斗真が表紙の角川文庫は買ったけど、中身は読んでいない。
 太宰の文章はいつもすごく面白くて、好きな方だと思う。でも「人間失格」は私にとっては何度も読もうと思うもんでもない作品。
 でも映画を鑑賞する前には一度は読み返しておくべきか、読まずに、なんとなく記憶を呼び起こしながら観るべきか、迷い中…と云いつつなんとなく読まないまま観ちゃう…んだろうな…。

 映画自体はとても楽しみにしています。
 女優陣がなんか楽しそうなんだよね。
いまさらだけどケーキ

 あ、ゆういちは、中村さんです。

 つうかね、斗真の映画、孝之が出るね!
 ほかもみんな楽しそうな面々で、本気で楽しみになりました!